9月パチンコ新台【新鬼武者 狂鬼乱舞】スペック・ボーダーなど攻略要素をプロが解説!

スポンサーリンク
9月パチンコ新台【新鬼武者 狂鬼乱舞】スペック・ボーダーなど攻略要素をプロが解説! パチンコ解析・攻略

この記事では9月パチンコ新台【新鬼武者 狂鬼乱舞】スペック・ボーダーなど攻略要素をプロが解説!についての記事です。

●スペック
●ボーダー
●ゲームフロー
●潜伏狙い
●潜伏期待値
●止め打ち攻略
●見るべき釘
●プロの見解
●動画

について、各項目にして詳細をお伝えしていきます。

それでは、機種考察へと参りましょう!

スポンサーリンク

基本情報

筐体画像

9月パチンコ新台【新鬼武者 狂鬼乱舞】スペック・ボーダーなど攻略要素をプロが解説!筐体画像©オッケー

 

スペック・大当たり振り分け

 

大当たり確率 319.9(30.0)
タイプ ヘソ3個
電チュ1個戻し
8保留電優先
役物連チャン機
確変率 100%
突確変率 なし
時短 なし
小当たり確率 33.1(電のみ)
賞球数 3/1/6/5/2/上3/下13
ラウンド・出玉 下3R:351個(333)
上1R+下3R:368個(349)
下5R:585個(555)
下6R:702個(666)
上1R+下6R:719個(683)
下9R:1053個(1000)
上1R+下9R:1070個(1016)
10C
トータル確率 50.619
平均連チャン 6.32回
等価ボーダー 20.9

 

ヘソ 電チュー
通常
確変 下5R:96%
(電サポ19回)下5R:4%
(電サポ85回)
上1R+下3R:10.7%
(電サポ35回)上1R+下3R:36.9%
(電サポ65回)

上1R+下3R:2.5%
(電サポ85回)

上1R+下6R:1.3%
(電サポ35回)

上1R+下6R:23.6%
(電サポ65回)

上1R+下6R:5%
(電サポ85回)

上1R+下9R:2.5%
(電サポ65回)

上1R+下9R:17.5%
(電サポ85回)

演出・予告詳細

ゲームフロー

9月パチンコ新台【新鬼武者 狂鬼乱舞】スペック・ボーダーなど攻略要素をプロが解説!ゲームフロー画像引用元・・・パチ7

ヘソ当たりは5Rとなっていて蒼剣BONUSは4%しかなく、ほとんどの当たりは鬼BONUSスタートとなります。鬼BONUSだと時短は19回転でこの間に大当たりを引ければ見事蒼剣BONUSへ突入します。

蒼剣BONUSに突入すれば時短回数が最低でも35回転となり、35回・65回・85回の3種類あります。蒼剣BONUSに突入すればトータル継続率90%とまさに驚愕にスペックと言えるでしょう。

 

釘攻略

見るべき重要な釘

 

攻略要素

ラウンド中止め打ち手順

オーバー入賞が見込めそうなら9個止め、10.11と弱強と2個打ちして下さい。

オーバー入賞が見込めなさそうなら、きっちりラウンド間止めしましょう!

 

電サポ中止め打ち手順

実戦、または詳細が分かり次第追記します。

 

朝一ランプ

調査中

 

潜伏確変の狙い方

なし

潜伏確変期待値

なし

プロの見解

とても魅力的な機種だとは思いますが、まずボーダーから約21と辛めです。右打ち中の消化スピードはサクサクでいい感じですが、スペック的にミドルで5R単発のループをくらったらシャレになりません(汗

蒼剣BONUS突入すればトータル90%継続の魅了は凄く分かるんですけど、それまでのハードルが高過ぎてユーザーからしたら苦痛の時間のほうが長いのでは?と思ってしまいます。

しかもヘソ賞球が3個になっているため、いつもより厳しめに釘読みもしなくてはいけません。4個と3個では結構な差がでますからね。

個人的には打ってみたい機種ではありますが、打てる機会があるかどうか、、、って感じすかね。

 

回転率別単価表

9月パチンコ新台【新鬼武者 狂鬼乱舞】スペック・ボーダーなど攻略要素をプロが解説!

 

動画

PV動画

【公式】〈ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞〉プロモーションビデオ

試打動画

開発者が全貌を明かす!!〈ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞〉を助六が最速試打!!

コメント