【簡単釘攻略】P新・必殺仕置人 K3 【ストローク・寄り釘・ヘソ周辺・釘の見方・重要な釘とは?】

スポンサーリンク
P新・必殺仕置人 K3 釘解説

【簡単釘攻略】P新・必殺仕置人 K3 【ストローク・寄り釘・ヘソ周辺・釘の見方・重要な釘とは?】についての記事を書いています。

この記事では

●ストローク
●寄り釘
●道釘〜ヘソ周辺
●スルー
●アタッカー
●電チュー

についての詳細記事を書いています。

スペック詳細はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

釘見・釘読み攻略

ストローク

【簡単釘攻略】P新・必殺仕置人 K3 【ストローク・寄り釘・ヘソ周辺・釘の見方・重要な釘とは?】基本的には緑矢印のストロークで大丈夫だと思います。

ただ、意識するのは盤面の内側(紫→)を通すように心がけるようにして下さい。

外側へ向かう玉はこぼれる確率が高くなります(汗

 

 

寄り釘

【簡単釘攻略】P新・必殺仕置人 K3 【ストローク・寄り釘・ヘソ周辺・釘の見方・重要な釘とは?】矢印のマイナス調整には注意して下さい。

釘の本数は少なめですが、コボしポイントが多く、甘めとは言えないでしょう。

絡む釘のほとんどがコボしポイントに接していますからね。

 

 

道釘〜ヘソ周辺

【簡単釘攻略】P新・必殺仕置人 K3 【ストローク・寄り釘・ヘソ周辺・釘の見方・重要な釘とは?】

道釘のマイナス調整には注意して下さい。ヘソ周辺は矢印調整が理想となります。

道釘の角度はいいのですが、コボしが多いのと、ヘソ周辺が辛いのがキツいです。

仕事人系はステージがいい可能性もあるので、ステージが良ければそれとの兼合いで回転率を把握していきましょう!

 

 

スルー・アタッカー・電チュー

【簡単釘攻略】P新・必殺仕置人 K3 【ストローク・寄り釘・ヘソ周辺・釘の見方・重要な釘とは?】緑四角がVアタッカー。

青四角がスルー。

紫四角が電チュー。

水色四角がアタッカになります。

観るべき釘は特にないので大丈夫です。

まとめ

見る優先としてはヘソ>寄り>道釘の順番でいいと思います。

まずはヘソが開いていない事にはどうしようもないので、ヘソ開け確認から他のポイントもみていくようにしましょう!

 

 

 

 

釘解説
スポンサーリンク
全員絶対勝利!

コメント