仕事量と期待値の違い

スポンサーリンク
雑談 最強雑談(必須)

お疲れ様です。ショウです( ・∀・ )ノ

今日はパチンコにおいて仕事量と期待値の違いについてです。
今更ですが、これがまたあまり理解していない人多いです。
完璧という人はスルーして下さいね(笑)

スロットではあまり仕事量は使いませんよね?
期待値は良く使うと思います。

これは何故か?というと

スロットは設定が分からないからです。
打つ前から設定が分かるのであれば稼働後に出す事はできます。
でもスロットって実際のところは分からないので算出は難しいのです。

その代わり、期待値は良く耳にしますね。
これは天井狙いなどで聞きますね。
天井狙いは設定1でも出る出玉率から算出しています。
これによって期待値は出せるわけです。
設定狙いでの期待値も出すのは難しいと思います。
設定が確定しているのであれば、出せます。

------スポンサードリンク------

それでは期待値と仕事量の違いはなにか???

これは稼働後に算出するのと稼働前に算出する事の違いです。

ん??と思うかもしれません。
勿論どちらも同じ事といえば同じ事なのです。

長い目で見ればどちらも近似値になります。

パチンコとスロットの違いは見た目で算出できる点です。
スロットも早い段階で確定などが出てくれれば分かるんですが、やはり何もでない場合は結果論になってしまします。
その点パチンコは釘の見た目である程度期待値が算出できるんですね。
ココはパチンコの超メリットです。
計算能力さえあれば直ぐに期待値は算出できます。

これだと釘を見ただけで3万あるとか1万無いとか分かるわけです。
期待値は見積もりだと思っていただければ良いと思います。

それでは仕事量とは?
これはその日に実質稼働した内容です。
パチンコにおいては通常回転=仕事量になるわけです。
スロットも同様です。
逆に当たりが多く通常回転が少ないと仕事量が少なくなります。
ちょっとややこしいですが(汗
その為、仕事量と期待値は二つ算出した方が良いと思います。
ショウは仕事量がメインですけどwww

この話しは専業でも結構、賛否両論なんですよね(汗

いずれにしろ仕事量=期待値は収束して近似値になるという事です。

仕事量=結果内容
期待値=見積もり

と思って頂けたら簡単かと。

パチンコではどちらも算出した方が良いかもしれませんが、スロットは期待値だけで十分だと思います。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 パチンコブログへ
↑↑ランキング参戦中です!押していただけたら感激します。↑↑

コメント