【ミドル】Pバキ319ver.【スペック詳細・ボーダー・止め打ち攻略・釘の見方・期待値単価表】

スポンサーリンク
Pバキ319ver. アムテックス アイキャッチ画像 パチンコ解析・攻略
ショウ
ショウ

【ミドル】Pバキ319ver.【スペック詳細・ボーダー・止め打ち攻略・釘の見方・期待値単価表】についての記事になります。

 

目次から気になる項目をタップすると、指定の場所までジャンプできるのでご利用下さい。

この記事では

●スペック
●ボーダー
●ゲームフロー
●止め打ち攻略
●ハマり確率

●期待値単価表
●釘の見方
●プロの見解とまとめ
●動画

を各項目にして分かりやすく説明していきます。

それでは、機種考察へと参りましょう!

 

スポンサーリンク

基本情報

筐体画像

Pバキ319ver. アムテックス 筐体画像
©アムテックス

 

スペック

大当たり確率 319.6(3.2)
導入日 2021年11月22日
タイプ ヘソ1個
1種2種混合機
確変率 51%(時短突入率)
遊タイム発動回転
電サポ回数 0or3or100回
小当たり確率
賞球数 1&1&7&15
ラウンド・出玉 2R:270個
3R:270個
9R:1210個
10R:1220個
10C
トータル確率 65.436
平均連チャン 3.23回
等価ボーダー 18.1

大当たり振り分け

Pバキ319ver. アムテックス 大当たり振り分け

※画像引用元・・・DMMぱちタウン

ショウ
ショウ

大当たりR振り分けは2R/3R/9R/10Rの4種類となります。電チュー時の80%は10Rとなります。

演出・予告詳細

ゲームフロー

Pバキ319ver. アムテックス ゲームフロー

※画像引用元・・・DMMぱちタウン

ヘソからの当たりは「小当り経由」と「特図当たり経由」の2種類あります。

 

特図当たり経由だと1%でしか突入しないのでバトルモード突入の鍵は小当り経由がメインとなります。

 

小当り当選時にはバトルチャレンジと役物チャレンジのどちらかが選択され、バトルチャレンジだと突破率50%、役物チャレンジだと突破率80%です。

 

バトルモード中は時短3回転+残保留2回転の計5回転の時短になります。バトルモード中の連チャン率は約85%となり、しかも大当たりの80%で10Rとなるのでかなり熱いですね。

 

ショウ
ショウ

通常時からのバトルモード突入は小当り当選から鍵となります。

バトルモード中の連チャン率は約85%と大量出玉にも期待が持てます。

 

 

釘攻略

見るべき重要な釘

調査中。

 

 

止め打ち攻略要素

通常時の止め打ち

慎重派は保留3個止めして下さい。

時間効率も重視して打つなら保留4個止めをガンガンして消化していきましょう。

 

ラウンド中止め打ち手順

オーバー入賞が見込めそうなら9個止め、強弱と2個打ち。

オーバー入賞が見込めなさそうなら、きちんとラウンド間止めしましょう。

 

電サポ中止め打ち手順

調査中です。

 

ハマり確率

回転数 ハマり確率
100回転 73%
200回転 53%
300回転 39%
400回転 28%
500回転 20%
600回転 15%
700回転 11%
800回転 8%
900回転 6%

確率の倍ハマる600回転は約15%で約6.6回に1回の割合でハマる可能性があります。

 

一方900回転ハマりは約6%で約16.6回と毎日フル稼働しても月1回とかしかハマりません。

※このハマり確率は個人の稼働のみです。前任者の回転数は含まれません。

 

期待値

期待値単価表

Pバキ319ver.【期待値単価表(持ち玉時・現金時)・攻めるライン】
...

 

Pバキ319ver. まとめ

 

プロの見解とまとめ

Pバキ319ver.についてプロの見解とまとめを述べていきます。

 

等価ボーダーは18.1です。遊タイムは搭載されていないですが、人気が出れば還元釘に期待が持てるかもしれません。

 

技術介入に関してはできるとすればアタッカーのオーバー入賞狙いくらいしかできないと思います。後は出来るだけ節玉するように心がけて通常時と電サポ中は打つようにしていきましょう。

 

電サポ中の消化も早く短期決戦型のスペックとなるので、高継続率ですが閉店1時間前にバトルモードに突入しておけば大丈夫だと思います。

 

個人的にはバキは好きなので打ってみたいです(笑)

ショウ
ショウ

技術介入による出玉上乗せは微妙になる可能性が高いです。回転率勝負の機種となると思います。

スペックは爆発力があるので、大量出玉獲得のハードルは低めになるでしょう。

 

動画

試打動画

Pバキ319ver.「地上最強の親子喧嘩」

コメント