【スペックは3種類】PハイスクールD×D【スペック・ボーダー・ゲームフロー・止め打ち攻略・見るべき釘・動画】

スポンサーリンク
パチンコ解析・攻略

【スペックは3種類】PハイスクールD×D【スペック・ボーダー・ゲームフロー・止め打ち攻略・見るべき釘・動画】についての記事です。

この記事では

●スペック
●ボーダー
●ゲームフロー
●止め打ち攻略
●単価表
●見るべき釘
●プロの見解
●動画

について、各項目にして詳細をお伝えしていきます。

それでは、機種考察へと参りましょう!

スポンサーリンク

基本情報

筐体画像

PハイスクールD×D 西陣 筐体画像©西陣

 

スペック・大当たり振り分け

■MX

大当たり確率 199.2(89.65)
タイプ 転落抽選
電チュー1個
8保留電優先
確変率 ヘソ:50%
電チュー:100%
(1/160.2で転落まで)
突確変率 なし
時短 確変後:100回転以内に転落の残回転
通常後:100回
小当たり確率 なし
賞球数 4/1/3/上13/下13
ラウンド・出玉 下4R:420個
上1R+下3R:423個
上1R+下9R:1053個
9C
トータル確率 66.416
平均連チャン 3回
等価ボーダー 22.6

 

ヘソ 電チュー
通常 下4R:50%
(時短100回)
確変 上1R+下9R:50%
(電サポ100回+α)
上1R+下3R:50%
上1R+下9R:50%
(全て電サポ100回+α)

■MA(設定6段階)

設定2:204.8(111.46)設定3:199.8(108.86)設定4:195.63(106.56)設定5:189.41(103.21)設定6:183.06(99.75)

大当たり確率
タイプ 転落抽選
電チュー1個
8保留電優先
確変率 ヘソ:50%
電チュー:100%
(1/209.33で転落まで)
突確変率 なし
時短 確変後:100回転内に転落時の残回転
通常後:100回
小当たり確率 なし
賞球数 4/3/上13/下13
ラウンド・出玉 下4R:420個
上1R+下3R:423個
上1R+下9R:1053個
9C
トータル確率 設定1:78.867
設定2:69.113
設定3:65.867
設定4:63.146
設定5:59.183
設定6:55.205
平均連チャン 設定1:2.78回
設定2:2.96回
設定3:3.03回
設定4:3.10回
設定5:3.20回
設定6:3.32回
等価ボーダー 設定1:26.8
設定2:23.5
設定3:22.4
設定4:21.5
設定5:20.1
設定6:18.8

 

ヘソ 電チュー
通常 下4R:50%
(時短100回)
確変 上1R+下9R:50%
(電サポ100回+α)
上1R+下3R:50%
上1R+下9R:50%
(全て電サポ100回+α)

■ZD

大当たり確率 319.69(82.23)
タイプ 転落抽選
電チュー1個
8保留電優先
確変率 ヘソ:50%
電チュー:100%
(1/374.41で転落まで)
突確変率 なし
時短 0or100回
小当たり確率 なし
賞球数 4/1/4/6
ラウンド・出玉 ショート2R:36個(34)
3R:135個(128)
7R:315個(299)
10C
トータル確率 25.296(5.51R)
平均連チャン 5.25回
等価ボーダー 26.4

 

ヘソ 電チュー
通常 3R:18%
(時短100回)
ショート2R:18%
(時短なし)
確変 3R=17%
(初回潜伏(潜確中は電サポ次回))
3R=65%
(電サポ次回)
7R:82%
(電サポ次回)

演出・予告詳細

ゲームフロー

スペックは3種類で、MAのみ設定6段階となっています。
全てのスペックで転落抽選システムとなっていて、各スペックによって数値が違います。

基本、ヘソの50%で確変を引いて、確変中は転落するまで確変が続くって感じです。
通常大当たり後は時短100回貰えるの嬉しいですね。
確変時の転落後は残回転が時短となります。

 

釘攻略

見るべき重要な釘

PハイスクールD×D 釘読み攻略
まずは回転率への影響が大きい寄りの部分になります。
矢印のマイナス調整には注意して下さい。
これはどの機種でも絶対に重要な部分なので必ずチェックしましょう!

PハイスクールD×D 釘読み攻略 ヘソ
次はヘソ周辺の調整。
ヘソはアケで上げ調整が理想となります。
道釘のマイナス調整には気を付けて下さい。

攻略要素

ラウンド中止め打ち手順

オーバー入賞が見込めそうなら8個止め、9.10と弱強と2個打ちして下さい。(ZDは10カウントなので調整して下さい。)

オーバー入賞が見込めなさそうなら、きっちりラウンド間止めしましょう!

 

電サポ中止め打ち手順

実戦、または詳細が分かり次第追記します。

 

朝一ランプ

朝一ランプは確認する必要がありません。

 

潜伏確変の狙い方

潜伏確変はありません。

 

潜伏確変期待値

潜伏確変はありません。

 

プロの見解

とりあえず、どのスペックもボーダーは辛めになります。
設定6段階の6ですら、ボーダー18.8とかなり辛いです。
しかも電サポ率の高く、玉減りとかしたらもっと辛くなります。

打ち機会があるかどうかは分かりませんが、打たなくてもいい機種といえるでしょうね。

 

回転率別単価表


PハイスクールD×D MX 回転率別単価表

PハイスクールD×D 回転率別単価表 ZD
------スポンサードリンク------

動画

PV動画

PハイスクールD×D 公式PV(機種サイトリンク)

試打動画

【PハイスクールD×D 試打#01】ショールーム試打!【パチンコ新台】

コメント