【釘攻略!】P牙狼冴島鋼牙XX【ストローク・寄り・道釘・ヘソ・アタッカー・スルー】寄り釘の分岐点が超重要!?

スポンサーリンク
【釘攻略!】P牙狼冴島鋼牙XX【ストローク・寄り・道釘・ヘソ・アタッカー・スルー】寄り釘の分岐点が超重要!? 釘解説

【釘攻略!】P牙狼冴島鋼牙XX【ストローク・寄り・道釘・ヘソ・アタッカー・スルー】寄り釘の分岐点が超重要!?についての記事です。

この記事では

●ストローク
●寄り釘
●道釘〜ヘソ周辺
●スルー
●アタッカー
●電チュー

についての詳細記事を書いています。

▼スペック詳細はコチラからどうぞ▼

 

スポンサーリンク

釘見・釘読み攻略

ストローク

P牙狼冴島鋼牙XX サンセイR&D ストローク基本的には緑矢印のストロークで大丈夫だと思います。

ヘソまでの挙動を見て、調整するのもありです。

 

寄り釘

P牙狼冴島鋼牙XX サンセイR&D 寄り釘矢印のマイナス調整には注意して下さい。

特に黄色◯で囲んだ部分のマイナスは見るようにしましょう。ここがマイナスだと赤矢印のルートを通る玉が多くなるので、左側のコボしへ向かう玉が多くなります。

後は、風車周りと左側のコボしをきちんとチェックしておけば問題ないと思います。

 

道釘〜ヘソ周辺

P牙狼冴島鋼牙XX サンセイR&D 道釘〜ヘソ

道釘のマイナス調整には注意して下さい。

道釘はコボしが多く辛めになります。ヘソは矢印調整方向が理想となります。

 

スルー・アタッカー・賞球ポケット

P牙狼冴島鋼牙XX サンセイR&D スルー・アタッカー・賞球ポケット青四角がスルー。水色四角が賞球ポケット(現段階では賞球数不明)。

紫四角がアタッカーとなります。

アタッカーまでのコボしがないので釘自体は見る必要はありませんが、賞球ポケットの賞球数によっては調整で時間効率からアタッカー出玉まで変わる事になります。

賞球が1個だとオーバー入賞率低下、時間効率低下のデメリットだらけ(多分この要素が高いw)

賞球が2個だとオーバー入賞率は低下するものの、出玉増加には繋がるのでマシです。

 

 

電チュー・賞球ポケット

P牙狼冴島鋼牙XX サンセイR&D 電チュー・賞球ポケット水色四角が電チューになります。

矢印のマイナス調整には注意してほしいところですが、下に賞球ポケットがついているので、ここが2個戻しの場合(2個戻しです)はマイナス調整でも大丈夫です。

ですが、マイナス調整だと電サポ消化速度の低下にも繋がるので、あくまでもバランス重視で見るのが良いかもしれませんね。

※追記 電チュー横はフラットでもこぼれるらしいので玉減りは魔逃れないかもですw

 

まとめ

まず初めに見るべきは勿論ヘソ幅になりますが、見るべき所が多い機種です。

ヘソ>寄り釘>道釘>右賞球ポケットの順で見ていきましょう!

特に寄り釘に関しては見るポイントは多いです。

上の分岐点から、コボし、風車周り、ワープ付近と、頭が痛くなるくらい多いですw

分岐点とコボしと風車周りの調整を重点的には見ていきましょう。

道釘もコボしが多く、マイナス調整にしてくると思うので、マイナス具合が小さい台を選んでいきましょう。

▼スペック詳細はコチラからどうぞ▼

 

 

釘解説
スポンサーリンク
shouをフォローする
全員絶対勝利!

コメント