AKB〜バラの儀式〜 稼働報告 止め打ち動画

お疲れ様です。ショウです(*´∀`*)

本日新台のAKB〜バラの儀式〜を打ってきたので報告したいと思います。

自宅から30分離れたホールへ。
新台入れ替えの日は新台コーナー12時オープンなので、11時半に着くように到着。
導入台数は20台くらい。

並んでいるのは4人ほど(笑)

過疎店なんでこんなもんでしょう。
入れ替え1日目は使える確率高いんですよね。
ただ止め打ちはに微妙にうるさい店ですw

勿論無抽選で新台ゲットしました。

とりあえず、ヘソはメリハリあったんで一番デカそうな台へ

AKBヘソ

ヘソは立派ですね。
見積もりでは21はあるだろうと予想しました。

最初の一万は225回転!
まあこんなもんでしょwww

------スポンサードリンク------

一応撮っておきましたゼブラ(笑)

ゼブラ AKB

一回当たって単発でした。
ここから回転率は落ちて行く一方でした。
詳細は最後に・・・・

ストロークについて

ストローク

今日は普通に紫ルートで打ってました。
黄色ルートも外にこぼれにくいとは思いますが、ヘソまで届きにくいイメージを受けました。
もちろん台によって変えるのがベストです。

京楽系の嫌いなとこはココです。

プラスチック

この緑のプラスチックです!
京楽系に多いですね(笑)
緑の部分に玉が当たって失速するんですよね(汗
このお陰でヘソまで届いてくれないんですよね(;^ω^)

後アタッカーもキツめでした(笑)
アタッカー

前作もそうでしたが本当にイライラしますねw
こぼれすぎでしょ〜〜〜って言いたいくらい(笑)
オーバー入賞は屋根が良い台はやったほうがいいですね。

後、一応Vハズシの動画撮ってきました。
Vハズシは2個打ちです。屋根悪いんで3個やる必要ないかと・・・
結構ソワソワしてたんで、初めの方に撮ったヤツです。
下手糞ですが参考にしてください。

※音量に注意してくだい

ハズシがフラッシュで見づらくてすみません。

この日に引っぱったのは最初の30回転くらいです(笑)
直ぐに監視の目に気付いたのでやめました。
それ以降はV狙いに変更!
回ってないので増やして勝負したかったけど、断念(;^ω^)

以下詳細

AKBバラの儀式

・通常回転  1018回転

・当たり   123R

・期待出玉  1160個

・回転率   19.5(込み)

・仕事量   10845

・回転単価  10.65

でした(笑)
回転率にはトラウマになりそうでした。
まだまだ釘読み下手くそです。反省です(´・ω・`)
出玉は平均30位引っぱったら1250位は取れそうなんですけどね。


《AKBの打ち方のメリット・デメリット》

・メリット

メリットは打ち方によって時間効率を操作出来る事です。
出玉悪いようならV狙いで時間効率をあげれば良いのです。
逆に出玉良くて、回転率が微妙なら出玉を上乗せすればいいだけです。
その店によって打ち方を変えるだけで期待値を変動させる事ができるのです。

・デメリット

とにかく目立ちます。
少し解る店員ならすぐにバレます。
ホールのCPにエラーはほとんど出ると思います。

1回転対する玉増えが多ければ多い程すぐに注意されると思います。
ショウなら2個増えなきゃ、やる意味があまりないかと思います。
意味がなくはないけど、ホールとの付き合いなどを考慮してです。


時間差玉表も載せておきます。
※持玉

回転率 即V 3個増え30回 4個増え30回
19 549個 676個 737個
20 706個 816個 878個
21 848個 944個 1005個
22 977個 1059個 1120個
23 1095個 1165個 1226個

 

 

回転率 3個50回 4個50回
19 723個 815個
20 853個 945個
21 971個 1063個
22 1078個 1170個
23 1176個 1268個

※算出方法は1時間238回転です。
サポを延ばす回転数と同時に時間効率も変動させています。
オーバー入賞は換算していませんので、している方はこれより少し高くなると思います。
あくまでも目安で見ておいて下さい。

差玉×換金率で現金時給になります。

どうでしょうか?
確かに延ばせば延ばすほど上がっていきますが、注意される危険も高くなります。
お店と相談しながら稼働してほしいと思います。
ショウ的にはV狙いでも全然良いと判断しています。
嫌われたら、とことんマークされますからね・・・・

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´ω`*)

にほんブログ村 パチンコブログへ

↑↑ランキング参戦中です!押していただけたら感激します。↑↑

コメントを残す

このページの先頭へ