CR大海物語4【他人と差をつけるストローク・釘読み攻略・見るべき釘】

CR大海物語4
CR大海物語4【他人と差をつけるストローク・釘読み攻略・見るべき釘】についての記事です。

------スポンサードリンク------

クリックで各項目へ移動出来ます!
■筐体画像
■ストローク
■寄り
■道釘〜ヘソ
■アタッカー/賞球ポケット
■電チュー/スルー
■見るべき釘

 

筐体画像

CR大海物語4 筐体画像
©三洋

 

ストローク

CR大海物語4 ストロークストロークは2種類。

左メインで使う緑矢印のストロークか、右メインで使う水色矢印のストロークになります。

寄りの状況によってストロークを変えたほうが良いです。

特に右寄りの部分は調整ミスする可能性が高いのできちんと見ておきましょう!

 

寄り・スルー

■左寄り
CR大海物語4 左寄り紫四角がスルーになります。

矢印のマイナス調整には注意して下さい。寄りゲージに関しては海ならではの寄りとなっていて、コボしポイントは多いです。


■右寄りCR大海物語4 右寄り紫四角がスルーになります。

海と言えば絶対に見て欲しい右の寄りです。

ホントに調整ミスしているホール多いので絶対にチェックして下さい。矢印のマイナス調整には注意して下さい。

 

道釘〜ヘソ

CR大海物語4 道釘〜ヘソ道釘のマイナス調整には注意して下さい。

ヘソは矢印調整が理想となります。

特にジャンプ釘手前の2本釘のマイナス調整には気を付けて下さい。

 

アタッカー

緑四角がアタッカーになります。

アタッカーは沖縄シリーズ系のアタッカーになったので、出玉は取りやすいと思います。

一応矢印のマイナス調整には注意してください。

多少のマイナスでも余裕で出玉は取れるはずです。

 

電チュー

緑四角が電チューになります。

下段も道釘のマイナス調整には注意して下さい。

特に電チュー付近もマイナス調整はきちんと見ておきましょう!

電チューは2個戻しとなっています。

 

見るべき釘と感想

CR大海物語4 右寄りまずはじめに右寄りの部分になります。

ホールが調整ミス可能性があるのが右寄りになります。

ここの調整さえ見極めれればかなり立ち回りに有利になります。

次は電チュー寄りの部分。

電チューは2個戻しながらも増える可能性はあります。

電チュー横がマイナス調整にされるとキツイので、電チュー付近の調整はきちんと見ましょう!

 


なにか質問や気になる事がある方はお問い合わせまでご連絡下さい。
返信率は100%です。

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*´ω`*)

下記画像クリックからランキングを上げてもらえれば感激します!!

U06WQa9V69lpLFF1501371928_1501372214

コメントを残す

サブコンテンツ

  買ってはいけない教材

    資産構築の一歩

   スポンサードリンク

   サイト更新情報

このページの先頭へ