【転落抽選システムで登場】CRサイボーグ009 CALL OF JUSTICE パチンコ新台【スペック・ボーダー・止め打ち攻略・ゲームフロー・プロの見解・動画】

スポンサーリンク
CRサイボーグ009 CALL OF JUSTICE パチンコ解析・攻略

CRサイボーグ009 CALL OF JUSTICE
【転落抽選システムで登場】CRサイボーグ009 CALL OF JUSTICE パチンコ新台【スペック・ボーダー・止め打ち攻略・ゲームフロー・プロの見解・動画】についての記事です。

この記事では

●スペック
●ボーダー
●ゲームフロー
●止め打ち攻略
●プロの見解
●動画

についてを各項目にしてお伝えしていきます。

前作の009はプロの御用達の仕様となっていましたが、(ショウは全く打っていないがw)今作は転落抽選システムとなって登場のようです。
この時点でもうやる気が無い感じがしますが、ボーダーは結構甘めなので案外打てる機会はあるかもしれません。

ただ転落抽選確率が1/554とかなりダルいと思われ、しかもそれで当てたとしても通常当たりが20%あるっていう・・・・・・・
なんか何を頑張ってやればいいか分からない台ですねwww

それでは機種考察へと参りましょう!

------スポンサードリンク------

クリックで各項目へ移動出来ます!
基本情報
■筐体画像
■スペック詳細
■大当たり振り分け
演出・予告詳細
■ゲームフロー
攻略要素
■ラウンド中止め打ち
■電サポ中止め打ち
■プロの見解
■回転率別単価表
釘攻略
■釘読み攻略
動画
■PV動画

——スポンサードリンク——




筐体画像

CRサイボーグ009 CALL OF JUSTICE 筐体画像 ニューギン
©ニューギン

 

スペック

大当たり確率
319.7(129.8)
タイプ 転落抽選
電チュー1個
8保留電優先
確変確率 ヘソ=65%(1/555で転落)
電チュー80%(1/554で転落)
突確変確率 なし
時短 時短=100回
小当たり確率
なし
賞球数 4/1/4/5/1/15
ラウンド/出玉 4R:436個
6R:654個
8R:872個
9R:981個
10R:1090個
12R:1308個
16R:1744個
平均連チャン 3.24回
等価ボーダー 19.5

 

大当たり振り分け

■ヘソ大当たり時内訳
【確変】
9R=65%
(電100回+α)
【通常】
9R=35%
(時短100回)
■電チュー大当たり内訳
【確変】
4R:2%
6R:2%
8R:2%
10R:2%
12R:2%
16R:70%
(全て電サポ100回+α)
【通常】
4R=20%
(時短100回)

 

ゲームフロー

CRサイボーグ009 CALL OF JUSTICE ゲームフロー
まずはヘソでの確変を目指します。
通常でも時短100回あるのでそこでの引き戻しにも期待しましょう。

見事確変に当選した場合は、転1/555の落抽選に引っかかるまでは確変継続となります(20%の通常を引かない限り)。

 

ラウンド中止め打ち

オーバー入賞が見込めそうなら7個止め、8.9を弱強と2個打ちして下さい。

オーバー入賞が見込めなさそうならきっちりとラウンド間止めしましょう!

 

電サポ中止め打ち

実戦、または詳細が分かり次第追記します。

 

プロの見解

ボーダーは甘めですが、電サポ率が非常に高い機種です。
ということは、右の出玉増減でかなりボーダーが変動する可能性もあります。
ですので右での出玉増減をきちんと把握する事が大切になってくると言う事です。
現状維持くらいなら問題ありませんが、減るようならボーダーが高くなる事は頭に入れておきましょう。

 

回転率別単価表

 

PV動画

 


なにか質問や気になる事がある方はお問い合わせまでご連絡下さい。

最速の機種情報をお届けしていきます。
当サイトをブックマークしておけばいつでも閲覧可能ですので、宜しくお願いします(m´・ω・`)m

コメント