止め打ちが上手くなるコツ・重要性

お疲れ様です。ショウですヽ(*´∀`)ノ

今日は止め打ちの上手くなるコツと重要性について記事をしたいと思います。

皆さんは止め打ちをどのように考えて打っていますか??
結構テキトーな感じでやってはいませんか?

例えば、ある程度増えればいいやとか、少しくらいミスっても気にしないとか・・・・
自分で基準を低くしていると絶対に上達しません。

全ての玉を入れてやる!!っていうくらいの気持ちで止め打ちして欲しいです。

そこで上達するコツについて話していきます。

最初は簡単な台を極めるのがオススメですね。

簡単な定義としては

・開放パターンが一定

・サポ種類が1種類しかない。

の機種がオススメです。

機種を挙げるのであれば、海系、藤商事、ガロ系などなど

------スポンサードリンク------

なぜ簡単な台が良いかというと、いきなり京楽さんなどのサポ種類が3種類とかある台を打つと、全く分からず挫折してしまう可能性が高いからです。
サポ種類も多数あって、開放も複雑だともうチンプンカンプンですよねwww

なので最初は簡単な台を極める事は大事だと思います。
簡単な台は少し打っていると慣れてきて大体分かってくるので、それから少しずつ精度を高めていって下さい。
サポが一定の機種は電チューの開きなどでタイミングを取ると簡単です。
まずは最初に止め打ちに対する感覚を身体に叩き込みましょう!
頭の中で数字などを数えたりしてタイミングを取るのも1つの手です。

首を動かしてのタイミングを取る行為はオススメしません(笑)

余裕がでてきたらスルー保留にも目を向ける様にしましょう。

ショウは止め打ちに関しては誰でも上手くなると思います。
向上心さえあれば絶対に上手くなります。
努力すればするほど上達もすると思いますし・・・・

後は馬鹿にされるかもしれませんが、夜寝る前のイメージトレーニングも効果ありますよ(笑)
特にその日できなかった機種のイメージはオススメです!

止め打ちで玉を増やすことができれば、別世界が待っています。
普段は打てない調整でも打てるようにもなります。
これにより機種自体の視野も広がってくる訳です。

まだまだ細かい話しはありますが、今回はこんなとこで(笑)

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 パチンコブログへ
↑↑ランキング参戦中です!押していただけたら感激します。↑↑

コメントを残す

このページの先頭へ