CR真・花の慶次2【釘読み攻略・ストローク・見るべき釘】電チュー横の調整には注意!

CR真・花の慶次2CR真・花の慶次2【釘読み攻略・ストローク・見るべき釘】電チュー横の調整には注意!についての記事です。

------スポンサードリンク------

クリックで各項目へ移動出来ます!
■筐体画像
■ストローク
■寄り
■道釘〜ヘソ
■アタッカー/賞球ポケット・スルー
■電チュー/スルー
■見るべき釘

 

筐体画像

CR真・花の慶次2 筐体画像
©ニューギン

 

ストローク

CR真・花の慶次2 ストロークストロークは2種類。

強めの青矢印のストロークか、

普通の緑矢印のストロークになると思います。

ヘソまでの寄り付きの玉挙動を見てチョイスして下さい。

 

寄り

CR真・花の慶次2 寄り釘矢印のマイナス調整には注意して下さい。

寄りゲージは辛めの部類になります。

比較的バラ釘は多くて、玉の勢いは失速すると思われます。

 

道釘〜ヘソ

CR真・花の慶次2 ヘソ道釘もマイナス調整には注意して下さい。

道釘のコボしは2ヶ所ですが、傾斜がそれほどないので玉に勢いがでない可能性がありますね。

ヘソは矢印調整が理想となります。

 

アタッカー・賞球ポケット・スルー

CR真・花の慶次2 アタッカー・賞球ポケット・スルー青四角がスルー。

紫四角が賞球ポケット。

緑四角がアタッカーになります。

賞球ポケットのマイナス調整には注意して下さい。ここの調整によっては出玉アップの可能性があります。

 

電チュー

CR真・花の慶次2 電チュー青四角が電チューになります。

矢印のマイナス調整には注意して下さい。

ココの調整はマイナスだとかなりキツいです。フラットでも結構こぼれる感じでした。

 

見るべき釘と感想

CR真・花の慶次2 寄り釘まず絶対に見るべき釘は寄りの部分ですね。

見るポイントは限られていますが、特にコボし付近の釘はきちんと見ておくべきです。

寄りゲージは辛めのため、マイナスの少ない調整を狙いましょう!

CR真・花の慶次2 電チュー最後は電チュー寄りの釘。

試打動画を見る限り、フラット調整でも結構こぼれてました(汗

フラットでも結構隙間が広いですよねw

なので、マイナス調整だとかなりの玉減りを覚悟して下さい。


なにか質問や気になる事がある方はお問い合わせまでご連絡下さい。
返信率は100%です。

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*´ω`*)

下記画像クリックからランキングを上げてもらえれば感激します!!

U06WQa9V69lpLFF1501371928_1501372214

コメントを残す

サブコンテンツ

  買ってはいけない教材

    資産構築の一歩

   スポンサードリンク

   サイト更新情報

このページの先頭へ